床下収納は畳と相性抜群

そして床下収納と相性がいいのが畳です。畳部分がフタになりますので、床に継ぎ目ができず目立ちません。畳1枚分の下が全部収納になるので容量も大きく、季節用品や花ビンなど重いものを収納するのにピッタリの空間になります。また畳ユニットを使えば、大掛かりなリフォーム無しで、リビングの一角を大形収納付き畳コーナーにすることができ、家の収納力は大幅にアップ。床下収納には、金庫付き、2階用、電動昇降式などたくさんの種類があります。水まわりだけでなく、和室や子供部屋、寝室の床下にも取り付けリフォームして収納力をアップさせましょう。

壁の厚みや空中に収納スペース

収納スペースは意外なところに隠れています。まずは壁の厚みです。コンクリート壁や構造壁には取り付けできませんが、間仕切り壁の厚み部分に奥行き10cm程度の壁埋め込み収納を作ることができます。壁紙リフォームと一緒にやれば、工事も簡単です。奥行きの浅い収納は中のモノがひと目で見え、出し入れがしやすく、とても便利に使えます。文庫本の奥行きは約10cmですので本棚として、トイレットペーパーの直径も約10cmですのでトイレ収納として、壁の厚みを活用したリフォームで収納力をアップさせましょう。

水まわり以外でも吊り戸棚は大活躍

そして次はもう少し上、空いている壁面を探して吊り戸棚を取り付けるリフォームをしましょう。吊り戸棚はキッチンのイメージが強いのですが、それだけではもったいない。水回り以外でもデザインを考えれば、吊り戸棚が大活躍します。リビングならオープンにして見せる収納にしたり、間接照明を取り付けたり、デザインの工夫を加えてインテリアのアクセントにするのがポイントです。ソファーの後ろに取り付ければ圧迫感もありません。吊り戸棚を上手に使うリフォームで収納力をアップさせましょう。

屋根裏や使っていない和室を収納に

傾斜屋根の場合、天井板を外すと屋根裏に大きな空間が隠れていることがあります。その空間を収納にリフォームすれば、季節用品などをタップリしまえる大容量の収納になります。ただし夏場の屋根裏は、かなり気温が上がります。屋根裏を活用するリフォームをする際は、断熱と空調の対策をシッカリ行なっておきましょう。

ほとんど使っていない和室

どこの家にも1部屋はある和室ですが、すっかり納戸化してしまっている家も見掛けます。しかし和室のまま納戸にしていると、畳や壁にカビがはえてくるなど家が傷む元ですし、ただタンスを並べているだけでは効率的な収納とは言えません。そんな時は、思い切って半分をウォークインスタイルの収納空間にリフォームし、残りの半分を趣味やパソコン、家事スペースとして生まれ変わらせてみましょう。ウォークインスタイルのクローゼットなら2畳でも100着程度吊るすことができますし、パソコンコーナーなら収納を含めても1畳で十分です。また家事室なら2畳~4畳あればアイロン台やミシンなども収納でき、かなり余裕のあるスペースになります。

未活用空間とは壁の中や屋根裏だけではありません。使ってない和室や空間をもう一度チェックして、収納として上手に活用リフォームしていきましょう。